親孝行ができなかった

コミュニケーションがめんどくさい!家族や友人との距離

コミュニケーションの悩みはありますか?義母との関係や人の目を見て話せないなど、どうしても人と距離を一線引いてしまいませんか?

できなかった親孝行

読了までの目安時間:約 2分

屋内

私が後悔していることは、亡くなった母と、その1年後に続けて亡くなった父への親孝行ができなかったということです。

母に関しては病気が発覚してからは父親が旅行や看病、何に関してもやっていたのでなかなか出る幕がなく、それに自分の仕事の忙しい時期が重なって親孝行できぬまま母は寝たきりに。

看病をしたりある程度は親孝行はできたのかもしれませんが、もっと旅行や遊びに食事に行っておけばよかったと後悔しました。そして母が亡くなり父だけになってすぐに父にも病気が発覚しました。

余命宣告までされ長くないことが分かりました。父はそれから自分の好きなことをやり始めました。旅行、遊び、ほかにも一緒にやってきた仕事を私に任せた父は自由に行動していました。

この時も私は体調に気をつけて見てはいましたが、親孝行らしいことはできませんでした。そのうち体調が悪くなると入退院を繰り返すようになり、その時は父の病院への送迎などを妻にまかせっきりにしてしまいました。

そして完全に寝たきりになってしまってもお見舞いにあまり行く時間も少なかったまま父は亡くなってしまいました。

弱った父を見るのがつらかったこともありますが、もっと看病してあげれば、もっと親孝行できていたのだろうかと思います。

両親とも亡くなってしまった今となってはやり直すことができない。これが私の最も後悔していることです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー